読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事故で二本脚の柴犬 命見捨てないで…NPOが本出版

迷い犬として保護された犬の姿を追った本を出版したNPOの記事。NPO法人設立後の普及活動。

飼い主から2度見放され、事故で前後の左脚を失いながらも元気に生きる柴(しば)犬の姿を追った本が出版された。タイトルは「二本あしのワンコ すみれちゃん、生きる」(セブン&アイ出版)。 現在預かっている群馬県高崎市NPO法人は「すみれちゃんの姿を通じて、飼い主や動物を飼おうと思っている一人一人が犬や猫との向き合い方を考えてほしい」と訴えている。 すみれはメスで推定5~7歳。昨年12月に高崎市内で迷い犬として保護された。犬や猫の譲渡を支援するNPO法人「群馬わんにゃんネットワーク」(高崎市)を介して、今年3月に前橋市の住民に引き取られた。(毎日新聞)