読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風浪宮の歴史 絵本に 大川市のNPO法人が出版

神社「風浪宮」の歴史を紹介する絵本を出版したNPOの記事。NPO法人設立後に普及・啓蒙を目的として出版活動をする団体も多い。

「おふろうさん」の愛称で親しまれている大川市酒見の神社「風浪宮」の歴史を紹介する絵本「風浪宮と磯良丸(いそらまる)」を、同市のNPO法人海路明(うじあけ)が出版した。 文は同法人理事長の川野栄美子さん(70)、絵は同市の画家近藤日子(ひこ)さん(54)が担当。大矢野栄次・久留米大経済学部教授(66)が監修した。 3人は「古里の歴史を知り、誇りに思ってほしい」と話している。風浪宮は約1800年前に創建された神功皇后ゆかりの神社。(西日本新聞)