読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すいとん」で戦時中しのぶ NPOが試食会

すいとんの試食会を開いたNPOの記事。平和の推進を図る活動も、NPO法人設立の一分野。

戦時中の食事を体験してもらおうと、静岡市清水区蒲原の国登録有形文化財「お休み処」で14日、すいとんの試食会が開かれた。同施設で活動を展開するNPO法人駿河裂織倶楽部」が主催した。 5歳で終戦を迎えたという朝原智子理事長(76)が当時の記憶を基に調理した。小麦粉を練って作った団子、塩やかぼちゃを煮干しのだし汁に加え、戦時中の味を再現した。(静岡新聞)