読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第37回 申請書にはどんなものがあるか

さて、今週は実際の認証申請にどんな書類が必要なのかざっと見てみることにします。

1 設立認証申請書
これは表書きみたいなもので、所轄庁の様式通りに作成。

2 定款
2以下は添付書類です。定款き法人の目的や手続など基本的事項を定める、いわば法人の憲法みたいなもの。

3 役員名簿
設立当初の役員(理事と監事)の氏名、住所、報酬の有無を記載。

4 就任承諾及び誓約書の謄本
役員になることを承諾し、NPO法に反しないことを誓約する書面のコピー。

5 役員の住所又は居所を証する書面(住民票の写し)
通常は市役所などでもらう住民票のこと。外国人のときは他の書類を出します。

6 社員のうち10人以上の者の名簿
社員(会員)が10人以上いることを示すため氏名、住所を記載。

7 確認書
設立する法人がNPO法に挙げた要件に反しないことを確認する書類。

8 設立趣旨書
法人化の趣旨や申請に至るまでの経過を記載する書類。

9 設立についての意思の決定を証する議事録の謄本(総会議事録)
設立するために開いた総会の議事録のコピー。

10 設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書(事業計画書)
定款で定めた事業についての具体的な計画を記載する書類。2年分作成。

11 設立当初の事業年度及び翌事業年度の活動予算書(活動予算書)
2年分の収支の予算を記載。「その他の事業」があれば別々に作成。

うーん、随分とあるなあ、自分にできるかな、と思う人もいるでしょうね。書類作りにはやはりコツ、要領があります。ファストウェイでは全ての書類の記載例や具体例のほか書き方を用意していますので、自分で手続きしようという方はご利用ください。