読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人設立講座

第26回 かかる費用は印鑑など実費のみ

設立費用の続きです。会社の設立には資本金が必要です。ふつうはその資本のお金は銀行に預けておき、設立のときには銀行にたしかにお金があるということを証明してもらいます。 以前は銀行から出資払込証明を出してもらうという面倒なことをやって1万円程度…

第25回 NPO法人設立の費用は?

さて、今日からいよいよ設立手続に関しての話に入っていきます。設立の費用、要件から書類作りのコツなどを順々に見ていきます。そこで今回は前にも少し話の出た設立費用をきっちり計算してみましょう。 法人の形態はいろいろありますが、よく知られている株…

第24回 法人化のメリット―社会的信用

メリットの2つ目は、社会的な信用が増すという点です。東京都のガイドブックを引用してみます。 「会計書類の作成や書類の閲覧など、法に定められた法人運営や情報公開を行うことにより、組織の基盤がしっかりして、社会的信用が得られます」(8ページ) た…

第23回 法人化のメリット―法人名義

「法人化して何かいいことあるの?」 この質問は法人を作るときに出されるものの中では、税金と並んで多いものです。「法人にして得ならするけど、損なら困るな…でも、個人や任意団体では格好がつかないし…」そう考える人が多いんですね。 たしかに、メリット…

第22回 資本金は1円もいらない!

今回は設立の資金について会社と比較してみることにします。まず、これは当然といえば当然なのですが、NPO法人には資本金というものがありません。事業を始めるときは最初にいくらかのお金は必要ですが、会社のような「資本」そのものがないのです。 ちな…

第21回 NPO法人でも収入を得てOK!

今日のタイトルをみてちょっとびっくりした方もいるのではないでしょうか。「そんなウソ書いていいの?」という声が聞こえてきそうです。今日は、前に話のでた「営利を目的としない」という意味について話しましょう。 これは「営利を目的とする」会社と比べ…

第20回 『特定非営利活動』の意味

「特定非営利活動」とは、(1)法が定める20種類の分野に当てはまるもので、(2)不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とする活動のことをいいます。 簡単にいうと、広く社会一般の利益のための活動ということになります。「特定」という文字が…

第19回 NPO法という法律がある

本題に戻ります。で、NPO法人もこの人の集まり型法人の一つとて新たにできた法人の一種です。大きな意味での社団法人の一種と考えてもらってかまいません。 人の集まりであるNPO法人は、NPO法に基づいて都道府県または指定都市の認証を受けて設立され…

第18回 法人といっても、いろいろある

法人の意味については多少イメージがつかめたことと思います。人は自然人と法人に分かれるということです。人の種類にもいろいろあるように、法人にもさまざまなものがあります。 大きく分けると、人の集まりとお金(財産)の集まりの2つ。人の集まりは前回話…

第17回 法人って何って言われても…

さて、今日は法人の話です。なんだかNPOの話とは離れてしまいそうですが、ここは大事なところです。基本のあやふやな人が少なくありませんから、しっかり確認しておいて下さい。 「法人」とは、文字どおり「法の人」という意味で、人の集まりや一定の財産を…

第16回 似ていて違う、NPOとNPO法人

NPOに関しては手引やマニュアル本などで「狭義のNPO」だとか「本来のNPO」などといろいろに分類しています。たしかに、一言NPOといっても使われ方はいろいろあるので頭の中を整理しておくのは大事かもしれません。 しかし、細かい分類は混乱するだけなのでこ…

第15回 NPOとは何だろう …

NPOとはNon Profit Organizationの略語で「非営利組織」つまり利益を目的としない団体のことをいいます。いきなり英語が出てきて難しく感じたかもしれませんが、覚える必要はありません。 ただ、IAEA(国際原子力機関)だとか、WHO(世界保健機構)など略語だけ…

はじめてのNPO法人 6/26 よみうりカルチャー

はじめてのNPO法人 6/26 中学校の定期試験、高校入試は、やり方、コツさえつかめば誰でも結果を出すことができます。塾に通わなくても自分でできるテスト対策にについて、試験対策のプロが画面を使って具体的に伝授します。 [日 時] 9月30日(金)10:30~12:30…

第14回 NPOとボランティア

その後電話の主と打ち合わせをしました。NPO法人のことをあたかも以前から知っているように話したのは言うまでもありません。これを付け焼刃というんですね。皆さんにもこんな経験があったかもしれませんね…。 さて、本題です。NPOとはいったい何でしょうか…

第13回 とにかくその場を凌ぐしかない! 

「NPO法人の設立のことで伺いたいのですが……」 仕事でさまざまな役所の手続に関わっていましたが、こんな電話ははじめてのことでした。 「マズいな…」 知らないことを訊かれると一番焦ります。もちろん、NPO法人が何かなどという知識などあるはずがありませ…

第12回 NPOを知らずに冷汗を出す

さて、本題に入ってNPOとは何だろうという話。最近新聞を開けば、毎日のようにNPOという言葉が目に入ってきますね。 「最近NPOという言葉がよく出てくるな。そもそもこのNPOというのはいったい何なのだろう」という声が聞こえてきそうです。 それもそのはず…

第11回 知っておいて損はない!!

今年からやっと本題、NPO法人設立案内をお届けします。ここではNPOって何?といったことから法人設立の手続のあらましまで、経験話や手続のコツなども混ぜて分かりやすく書いていきます。 いわゆる役所の出している「手引」や本屋で売っている「マニュアル」…

第10回 人まかせにせず自分でつくるのがベスト!

結論はハッキリしています。会社はともかく、NPO法人だけは自分たちで手続きするのがベストだということです。住民票と名簿を渡して、設立総会の議事録も作ってもらっておまかせで設立しても結局行き詰まります。設立手続きに多額の費用を使うのなら社会貢献…

第9回 「設立実績」を安易に信じてはいけない

ある代行事務所のホームページには「設立年間○○○件」などと書かれていますが、ありえない宣伝フレーズです。 考えても見て下さい。たとえば年間100件ならおよそ3日に1件の設立。 すでに作ってある書類を少し直し、判子を押して郵送するような、極めて雑な仕…

第8回「認証保証」には注意しよう

設立代行を行っているページにはよく、「認証保証」「無料相談」などと書かれたものがあります。まず「認証保証」について。「専門家」に手続きをおまかせすれば、必ず認証が得られるような表現がときどき見られます。 しかし、実は認証は許可とは違い、役所…

第7回 「莫大な時間と労力」は昔の話

昨今、自分たちで設立手続きする団体が大多数となっていることを意識してか、代行事務所のページには自分で設立することの「デメリット」が書かれていることがあります。 「ご自身で手続きすると莫大な時間と労力がかかる…」 これはデメリットとして挙げるの…

第6回 代行事務所はNPO専門ではない

代行事務所のホームページを見ていると、「設立サポート」「NPO専門事務所」などと表示しているところがあります。あたかもNPO法人の設立だけを行っているように思えます。 しかし、代行を行う行政書士はNPO法人の設立以外にも会社の設立や他の許認可申請業…

第5回 「専門家」にまかせるのはかえって面倒

さて、「専門家」の事務所のページをみていると、プロに頼んだほうが早くて簡単だ、などと書かれています。しかし、彼らに依頼するほうが面倒なことも実は多いのです。事務所が用意した書面への記載が求められ、その後もメールや電話で内容についてやりとり…

第4回 自分で書類を作れないと運営が苦しくなる

これまで「専門家」に依頼したときにかかる費用について述べてきました。設立のときは代行を利用して、翌年からはお金をかけずに自分でやろう、とお考えの方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、そうするとあとで大変苦労することになります。自分でつく…

第3回 A4用紙2枚の簡単な申請が5万円!

NPOについてよく知らないまま書類作成や申請を代行事務所などにおまかせするととんでもないお金がかかってしまいます。その一例が毎年の義務となっている「資産総額の変更登記申請」。前回少し出てきましたね。なんだか難しそうな申請にみえますが、実はすご…

第2回 「おまかせ」すると設立後も多額の費用がかかる

NPO法人の設立を自分でやるべき理由は、「専門家」に依頼すると多額の費用がかかるという点です。設立のときだけならまだしも、NPO法人の場合は設立後にもいろいろな手続きがあって、それらもまかせてしまうと、ほぼ設立時と同額の費用が毎年かかってしまい…

第1回「専門家」におまかせしてはいけない

このNPO法人設立講座では、NPOって何?といったキホンから、設立手続きまでを40回にわたって書いていきます。 本題に入る前に、まず大事なことを10回にわたってお話しします。それは、NPO法人の設立をどうやってつくるべきか、という話。まずこの点をしっかり…